建設業許可を取得したあと

建設業許可が出れば、それですべて終わりというわけではありません。

都庁から建設業許可通知書が送られてきたら、すぐに許可票

(許可看板)を作らなければなりません。

 

それから許可の有効期限は、5年ですから更新申請が必要です。

 

また、毎年、決算が終わるごとに、工事経歴、納税証明書、財務

諸表、事業報告書をつけて決算変更届を出さなければ更新でき

なくなります。

 

社名、会社の住所、役員が変わった場合もその都度変更届を

出す必要があります。

 

その時、経営業務管理責任者や専任技術者が変更している場合

も変更届の手続きが必要になります。