欠格要件に該当しないこと

第5の要件は、許可を受けようとする者が一定の欠格要件に該当

しないことです。

なお、ここでの「許可を受けようとする者」とは、法人にあってはその法人の役員、個人にあってはその本人・支配人・その他支店長・

営業所長などをいいます。

 

許可を受けようとする際に、次の1、2のいずれかの欠格要件に

該当した場合は許可を受けられません。

 

1. 許可申請書又は、その添付書類の中に重要な事項について

   虚偽の記載がある時。又は、重要な事実の記載がかけている時

2. 許可を受けようとする者が次のいずれかの要件に該当する時

     ① 成年被後見人もしくは被保佐人又は、破産者で復権を

      得ない者

     ② 不正の手段により許可を受けたことなどにより、その許可

           を取り消され、その取り消しの日から5年を経過しない者

     ③ 許可を取り消されるのを避けるため廃業の届け出をした者

      で、その届出の日から5年を経過しない者

   ④  建設工事を適切に施工しなかった為に公衆に危害を

     およぼした時、又は、危害をおよぼす恐れが大である時

   ⑤  請負契約に関し不誠実な行為をしたことにより営業の停止

     を命ぜられ、その停止期間が経過しない者

   ⑥  禁錮以上の刑に処せられ、その刑の執行を終わり、又は

     その刑の執行を受けなくなった日から5年を経過しない者

    ⑦  一定の法令に違反したことにより、罰金の刑に処せられ、

     その刑の執行を受けなくなった日から5年を経過しない者