経営業務の管理責任者がいること

建設業許可を受けるためには、経営業務の管理責任者が常勤でいなければならないとされています。

 

経営業務の管理責任者になる者は、次の1と2に該当しなければなりません。

 

 1.法人の場合、常勤の役員であること

  (株式会社、特例有限会社で取締役など)

 2.個人の場合、事業主本人又は、支配人登記した

        支配人であること

 

さらに次の1・2・3の条件に該当することが必要です。

 

 1.許可を受けようとする建設業に関して、5年以上経営業務の

   管理責任者(法人の役員、個人事業主、建設業法施行令

   第3条に規定する使用人)としての経験を有していること

            (建設業法第7条第1号イ)  

 

 2.許可を受けようとする業種以外の建設業に関して、7年以上

   経営業務の管理責任者としての経験を有していること

            (建設業法第7条第1号ロ)

 

 3.許可を受けようとする建設業に関し、7年以上経営業務を

   補佐した経験を有していること

            (建設業法第7条第1号ハ)

 

  4.国土交通大臣が1~3までに掲げる者と同等以上の能力

    を有する者として認定した者 

 

 

経営業務の管理責任者となる者は

 

 1.法人の役員の場合、申請時において「常勤」でなければ

   なりません。

 2.経営業務の管理責任者となる者は、次の専任技術者の要件

   を充たした場合、1人の者が両方を兼ねることができます。

   ただし、異なる事業体の経営業務管理者や専任技術者とは  

   兼ねることができません。