☆建設業を営むには必ず許可が必要なのか?

 

建設業の許可が必要となるのは下記の場合です。

 

これに該当しない場合は,建設業の許可は必要ありません。

 

建築一式工事

工事1件の請負契約が1500万円以上の建設工事を施工する場合
又は,延べ面積150平方メートル以上の木造住宅を
施工する場合

建築一式工事以外

工事1件の請負契約が500万円以上の建設工事を施工する場合  

 


上記に満たない請負金額の工事は軽微な工事として、建設業許可なくして請け負うことができます。
ただし,工事の完成を2以上の契約に分割して請け負うときは、各契約の請負代金の合計額とすることになっていることから、各契約の請負金額が500万円未満であっても軽微な工事には当たりません。

軽微な工事であっても,下の工事を施工する場合は、行政庁へ登録する必要がありますのでご注意下さい。

 

 *浄化槽の設置工事を行う場合は、浄化槽工事業者登録

 *解体工事を行う場合は、解体工事業者登録

 *電気工事を行う場合は、電気工事業者登録