消防施設工事業(例示)

火災警報設備、消火設備、避難設備若しくは消火活動に必要な

設備を設置し、又は工作物に取り付ける工事

 

なお、劇場、デパート、ホテルなどの建物は、その用途、規模、収容人員に応じ、屋内消火栓設備、自動火災報知設備、スプリンクラー設備などの消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置が法律により義務付けられていますが、これらの工事や整備等を行う

には消防法により消防設備士の資格が必要です。

 

(例示)屋内消火栓設置工事、スプリンクラー設置工事、水噴霧、

     泡、不燃性ガス、蒸発性液体又は粉末による消火設備工事、

     屋外消火栓設置工事、動力消防ポンプ設置工事、

          火災報知設備工事、漏電火災報知機設置工事、

          非常警報設備工事、金属製避難はしご、救助袋、

          緩降機、避難橋又は排煙設備の設置工事