建設業とは

建設業とは、元請、下請その他いかなる名義をもってするかを問わず、建設工事の完成を請け負う営業をいいます。

ここでいう「請負」とは、雇用、委任、建売住宅の建築工事等とは、基本的に異なる考え方をとっています。

 

建設業許可を受けなければならない場合

元請・下請・個人・法人を問わず、建設工事を請け負う者

建設業を営もうとする者)は、28種の建設業の種類(業種)

ごとに国土交通大臣又は、都道府県知事の建設業許可を

受けなければなりません。

たとえ一人であっても一人親方もりっぱな建設業なのです。

 

*建築一式工事   

 次のいずれかに該当する場合

  1.一件の請負代金が1,500万円以上の工事(消費税込)

  2.請負代金の額にかかわらず、木造住宅で延べ面積の

    150㎡以上の工事(主要構造部が木造で、延べ面積

    の1/2以上を居住の用に供すもの)

 

*建築一式工事以外の建設工事

  一件の請負代金が500万円以上の工事(消費税込)

 

建設業許可が必要な場合

 ・新たに建設業をはじめる時

 ・業種の追加や一般から特定になる場合

 ・建設業許可の更新が必要な時

 ・建設業の更新が必要な時

 ・事業主が交代したり、法人化する時